2010年07月03日

やっぱり止められない

弟の物まで売っていた事で、その日の夜、私がAに確認のために話を始めると、
主人が「3日前にパスモに入金するように言って渡した3000円はどうした?」
と、言い始めました。

最近は帰りも早く、バイトにも行っているようだし・・・
私は、Aはもう行っていないと信じていました。

甘かったです。

主人の勘は当たっていました。
Aは主人に貰った3千円をパスモにチャージせず、それを持ってパチンコに行ったと
アッサリ白状しました。

新台が出て、どうしてもやりたかったから。

と、言います。もう呆れるしかありませんでした。

たった千円でも手に入れば、それを持ってパチンコだかスロットだかに
行ってしまう我が息子。

たぶん、Aがパチンコをやる理由と言うのは、儲けたいからではないのです。
ゲーセン感覚なのです。
新機種のゲームが出るとやりたくなる・・・子供の感覚その物です。

つまり、金はドブに捨てたように無くなっていっても
Aは良心も痛まないのでしょう。

主人は

「もうお前はパチンコ屋に就職しろ。
内定した会社は断って学校も辞めて、住み込みでパチンコに行け。家から出て行け」


と言います。

しかし、私にはAを家から出す覚悟は出来ません。

だって、Aは、金が無くなったら犯罪を犯して手に入れようとするのですから。
お金が無くなったら働かなくてはならない、と言う普通の人間の感覚とは違うのです。

主人は、「こいつが出ていって警察に捕まったら、それはそれで仕方ない」と言います。
しかし、Aの人生はともかく、次男の人生はどうなるのでしょうか。
子供がA1人ならば、私ももう人生全部背負う覚悟でAを追い出せたかも知れません。
犯罪者の弟となる次男の将来を考えたら、私はAに勝手にしろとは、とても言えません。

Aは、次男の物を盗んで売った事に関しても、何も感じなかったと言います。

人の持ち物は、買って返せば良いと言う物ではない。
その物に対するその人の気持ちや思い入れがあるのだ。
同じ物を買って返しても、それは同じ物ではないのだ。
そう言う人の気持ちがお前には解らないのか?


と聞くと、無表情に「わからない」と言います。


人の気持ちが解らない子。
心がない人間。

「ゲーム脳」
とは、こういう脳を言うのでしょう。

この子でも、小さい頃は、貰った物を大切にしたり思い出の物を取っておいたり、
そんな部分がちゃんとある子でした。

いつから、こんな人間になって行ったんだろう。

しかし、この人間を育てたのは間違いなく私です。

何処かで間違えた。
でも、何処で間違えたのか解らない。


私は、今一度、「カウンセリングに行かないか」とAに言いました。

幸い、早くに内定したAには夏休みがたっぷりあります。

「パチンコをやめなくてはいけない、と言う気持ちはある。」とAは言います。


手を打つ機会は、もうここしか無いと思います。思っています・・・


                        

※過去の事件の回想は過去の日付で更新しています。
過去の日付の方もご覧下さい。


posted by わかば at 23:11| Comment(0) | 虚言と家庭内盗難 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
※基本、いただいたコメントは公開いたしません。管理人のみ閲覧させていただきます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。