2009年04月25日

(回想)万引き事件(1)

2009年4月25日
この日の事は永遠に忘れる事ができません。

その日は土曜日で、私も主人も仕事は休み。
長男Aは特別な授業があるからと学校へ出掛け、
次男も何処かへ遊びに行っていました。

私は主人とゆっくりソファに座り、テレビを見ていたと思います。

ちょっとウトウトしていた時、私は1本の電話に起こされました。

見覚えのない電話番号。

それは警察からの物でした。

Aくんが都内の某店で万引きをしました。
現在、B警察署で保護しているので引き取りに来て下さい。



電話を受ける私の様子がただならぬように見えたのでしょう。
主人が私を見ています。

私は、すぐに行きますが急いでも1時間半はかかります。
と警察に言って受話器を置きました。

Aが万引きをしたと言う駅は、Aが通っている学校の
最寄りの駅ではなく、自宅と学校の通学範囲の沿線でも
ありませんでした。

Aが、なぜその駅までわざわざ行ったのか。
わざわざ万引きをしに行ったのか。
それは今だに解りません。

とにかく、今、解っていることは

Aは学校に行くと親に嘘をつき、弁当まで作らせ、
1人で行ったことのないような駅でわざわざ降り、
そして、物を盗んだ。


と言う事だけです。

1人で電車で行くつもりでいましたが、主人が車を出す
と言うので乗せて貰って一緒に出掛けました。

次男には
「兄が学校で具合悪くなったので迎えに行く」
とメールしました。

弟のショックを考えたら、本当の事は言えませんでした。


車に乗ると、主人が言いました。

「ついにやったか」

私も同じ気持ちでした。

「ついに・・・」



「まさか家の子が」

と思うのが普通の親と言うものなのでしょう。

つまり、情けない事にAには下地が充分あったと言う事です。


時刻は夕方近かったのですが、天気がやたらと良くて・・・
明るい春の日差しは、私たち夫婦の心に不似合いなまぶしさで
車に差し込んでくるのでした。



※この記事は2010年6月に書いた回想記事です。
回想部分はここから過去の日付でUPしていく予定です。



              

ラベル:万引き 補導 警察
posted by わかば at 23:03| Comment(0) | 警察沙汰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※基本、いただいたコメントは公開いたしません。管理人のみ閲覧させていただきます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。