2010年06月12日

デジカメがない!

明日は私の実家に帰って、1週間早い父の日のお祝いをします。

今年の3月に結婚した私の弟の式で撮影した写真を
家でプリントして持っていく予定でした。

しかし「デジカメが見あたらないんだよな」
と主人が言います。
結婚式の後、デジカメは一度も使っていません。
どこか違うバッグに入れっぱなしで忘れてるんじゃないか。
主人は、デジカメの箱の中に入れたと言い張ります。

「まさか、あいつ売ったんじゃないだろうな?」

まさか・・・

そこまでしないだろう。普通の人間なら。

売ったとして、何に使うのよ。
古い型のデジカメです。
売ったって、いくらにもならない。

しかし、今まで家中のおかしな事は全て
Aの仕業でした。

私はAがバイトに行っている間に、彼のバッグを開けました。
持ち物検査です。

こういう時、本当に情けない気持ちでいっぱいになります。
何処の家に19歳にもなる子供のバッグや机の引き出しを
こっそり検査する親がいるでしょうか。

そして、私は彼のバックの中で見つけてしまったのです。
ファイルの間に私が持っているブランドバッグの
ギャランティーカードが挟まれているのを。

私は押入れを開いて、自分のバッグを探しました。

ありませんでした。

また、やられた・・・・・


バッグだけではなく、安く買ったのでオークションにでも
出そうと溜め込んでいたブランド品何点か。
シャネルの財布、ピアス、グッチの携帯ケース、時計・・・

空き巣に入られたように綺麗に無くなっていました。

最近は、家族全員が財布の置き場所を
厳しく管理するようになったので・・・
ついに現物を盗んで売りに出すようにまでなったとは。

何に使ったのかは、想像がつきます。
バックの中から、学校のある駅のパチスロ会員証が出てきました。
登録日は5月26日。
つい最近です。

止めた止めたと言っていたけれども、
やはり嘘だった。
現金が無ければ盗みまでする。

何という泥棒根性なのでしょう。

そして、Aが本当にパチンコに取り憑かれていると言う事も
改めて認識しました。
こういうのを「依存症」と言うのでしょう。


「この件は月曜に問いただそう。明日の朝は早いから」
と主人は言います。
バイトから帰ってきたら、すぐにでも聞きたかったですが・・・
聞いてもどうせ、しらばっくれるか、
上辺の謝罪の言葉をまた並べるか。
時間が無駄に過ぎていくだけです。

11時過ぎにAは帰ってきました。
私は黙ってご飯を食べさせ、Aは普通にテレビを見たり
風呂に入ったりしていました。
何もかもバレた事も知らずに。

頭がガンガンします。
このままだと、私も気が変になる・・・


明日は、何も知らない顔をして、私の実家で
楽しそうに過ごさなくてはなりません。


                     
posted by わかば at 23:36| Comment(0) | 虚言と家庭内盗難 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月13日

貰ったお小遣い

今日は実家に帰って父の日を祝ってきました。
昨日のデジカメ紛失の件はAには一言も言わないまま。

Aは就職について父にあれこれ質問され、
先日面接を受けた会社が手応えがあったなどと話していました。
父も機嫌良く、良い会食だったと思います。

帰り際に母が子ども達に、いつものように小遣いをくれました。
封筒にきちんと入れて
「大事に使ってね」と念押しして。

母には、孫が昨年3回も警察の世話になり、家庭裁判所にまで
行ったとは気の毒でとても言えません。
私は1日、精一杯ニコニコして過ごしたと思います。

Aが夕方からアルバイトなので、私たちはかなり早く
実家を出ました。

店長から、忙しいから少し早めに入ってくれと言われた
と言うので帰り道も急いでやりました。
家に帰り、Aはすぐに自転車でバイトに出掛けて行きました。

夕べ、なかなか寝付けなかったこともあってか
妙に眠くてたまらなかった私は、家に着いてから一眠り。
起きたら、急いでご飯を作らないといけない時間になっていました。

その時になって、イヤな予感が走ったのです。

主人に、Aが貰った小遣いを回収したか聞くと、
していない、と言います。

携帯でGPS検索をすると、Aの携帯は家の中。
置いて行ったのです。

不安は確信に変わりました。

バイトに行くのに貰ったばかりの小遣いを
持って出掛ける必要はありません。

Aは、たぶん、バイトには行っていない・・・


Aが帰ってきて、まず、今日貰った小遣いを出せ、と言いました。
当然、出せる訳がありません。

案の定、使い切ったと言います。

バイトには行っていない。
そして、パチンコに行ったと。

あきれた事に、バイトを休むと言う話は昨日の内に
店にしてあったと言います。
つまり、小遣いを貰ったら私たちにバイトに行くと嘘をついて
パチンコに行く計画。
これは昨日、すでに立てられていた物だったようです。

「大事に使ってね」とニコニコしてAに小遣いを渡していた
母の姿が思い出され、悔しさと悲しさでいっぱいになりました。

この子には人の情と言う物もない。


もう、こうなったら明日まで待つ必要もないので
デジカメや私のブランド品をどうしたのかも聞きました。

想像通り、Aはそれらを売っていました。

デジカメは2千円。
私のCOACHのバックは3千円。
シャネルの財布は2万円にもなったそうで・・・

そして、その金は、ほぼ1日でパチンコに消えたらしい。


主人と私は、今までも何度も言ってきたような事を
またAに言うしかありませんでした。

この先の人生、有り金を即座にパチンコにしてしまうようでは
生きていけないだろう。
どうしてそんなにパチンコがしたいのか。
パチンコをしないとお前は死んでしまうのか。
人の物を黙って盗み、売るなどと、もうその辺の空き巣と
何にもやっている事が変わらないじゃないか。
学校でも人の物を盗んでいるんじゃないのか。


Aは神妙な顔をして話を聞いていましたが、
私には解っている。

私たちの言葉は、たぶん何一つこの子の心に響いてはいません。

神妙な顔・・・は見ようによっては、ただの無表情な
顔にも見えました。

またアトピーが酷くなっている・・・

Aが悪事を働けば働くほど、不思議なくらいAのアトピーも
悪化していきます。

それは、Aなりにストレスを感じていると
良心的に捕らえて良い事なのか・・・

それとも、悪魔か神様の罰なのか。

一通り説教が終わると、主人は
「明日仕事が早いし、もう何を言っても無駄だから」
と寝てしまいました。

無駄だから・・・

と、私も思います。

でも、無駄だから、と何も言わないわけにはいきません。

いや、もう、何を言ったらこいつの心は変わるのか、
本当に私には解りません。

説教が終えるとAは普通にご飯を食べ始めました。
こうして、また、一つ事件が終わり、しばらくすると
次の何かを起こすのです。
この繰り返しは、一体いつまで続くのでしょう。

グルグルグルグル・・・

ただ同じ所を回っているだけです。
前に進めない。

それどころか、ますます悪い方向へ落ちていくようにしか思えません。


ブランド品は、さっさと処分しなかった私が悪かったのだ・・・
と何となく諦めはつきます。

でも、デジカメは家族の思い出と共にあった品です。
Aは、またそれを平気で踏みにじりました。                   

その事が一番悔しい・・・


                     

 

posted by わかば at 23:38| Comment(0) | 虚言と家庭内盗難 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月22日

カウンセリングを拒否する

内定が出た翌日、私たち夫婦はAを座らせて
今後の事について今一度しっかり話しました。

就職が決まった事はとても目出度いことだし
親としては喜んであげるべきだと思う。
しかし、今の私たちには不安の方が大きくて
心から「おめでとう」と言ってあげる事ができない。

なぜなら、お前は二十歳になって学校を卒業し、
就職をしたら、その後は何かやらかしても
もう自分が警察に捕まって刑務所に入れば
良いだけのことだと思っているかも知れないが、
それは大きな間違いである。

就職と言うのは、自分だけの事ではない。

お前が就職するに当たって、私たちは親として
保証人にならなければならない。
そういう書類が会社から必ず来るのである。
私たちだけではなく、たぶん、伯父さんにも
保証人になって貰わなくてはならないから、
もしも会社で何かやったら、親だけではなくて
伯父さんにも迷惑がかかるのだ。

それに、お前は学校の推薦でその会社に入るのだから、
もしも何か事件を起こしたら、お前の後輩達は
二度とその会社から推薦を貰えなくなるだろう。

そういう風に、社会に入ったら、一つの事件で
色々な所に本当に大きな迷惑を掛ける事になるのだ。



せっかく内定を貰った子供に「おめでとう」よりも
こんな事を切々と話さなくてはならないことが
本当に情けないです。

Aが入る会社には、Aが欲しい商品が山ほどあって、
それを目の前にしてAが盗む事を我慢出来るのか。

絶対に盗んだりしない自信があるのか。


私たちは何度もAに確かめました。


そして、先日、どういう気持ちで家の物を持ち出して売ったりしたのか。

それについても思っていることを言えと聞きました。

Aの言葉は、いつものように重く・・・

しかし、ぽつぽつと話す内容は、やはり絶望に陥れられる物でした。

Aは、そうやって家の物を盗んで売った事に関して

「何も感じなかった。」

と言うのでした。

自分の事は「クソのような人間だと思う」

しかし、それで親が悲しむとか困るとか言うような事は「何も感じない」と。

家が嫌いなのか、親に不満があるのか、と聞くと

「別に嫌いじゃない。不満はない。何も考えていない。」

と言います。

やはり、何かが欠落している。
そうとしか思えませんでした。

ただ、就職と、現在やっているアルバイトに関しては、

「学校の中ではかなり早く決まった会社だし、バイトも探し回って
やっと決まったバイトだから大切に考えている」


と、言います。

絶対に悪いことはしない。

と言いますが・・・その言葉は今までに何度も聞かされてきた言葉です。

「就職も決まって、もう大きな検定試験もないし、少しは時間が
出来るんだから、会社に入る前に一度カウンセリングを受けたらどう?」


そう言った時、Aは一瞬へらっと笑ったように見えました。

「カウンセリング?」

「そう。あんたの止められない・・・パチンコや盗みや嘘の事を
専門家の人に聞いてもらうんだよ。
親には話せないような事も話せるかも知れないじゃない。」



しかし、Aは「大丈夫。それは行かない。」ときっぱり言うのでした。


私自身、カウンセリングと言う物への信用はあまり大きくありません。

カウンセリングに行く事で、本格的に鬱のようになってしまった人を
身近に知っているからです。

それにカウンセリングは本人に治りたい、治したいと言う気持ちが無ければ
何も効果がないでしょう。

そういう迷いで今まで見送ってきたと言うのもあるのですが・・・


しかし、このままで良いのか。

このままで事態が良い方向に向かうのか。


ネットでも調べていますが・・・

催眠術のような方法で暗示を掛けてもらって、
魔法のように改心するとか・・・
そんな良い話はなかなか聞けません。

しかし、このままでは、また繰り返すのではないか。
その恐さをこの先もずっと抱えて生きていくのは嫌だ。


迷っているだけでは前へ進めないことは、私も解っています。


                     




posted by わかば at 01:05| Comment(0) | 虚言と家庭内盗難 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
※基本、いただいたコメントは公開いたしません。管理人のみ閲覧させていただきます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。