2010年06月16日

就職が決まる

今日、Aは内定を貰ったそうです。

今までにいくつ受けたのか落ちたのか私には
よく分かりませんが、内定を貰えた企業は
Aが通う専門学校でのいわゆる「取りまとめ就職」。
学内で選考が行われ、何が良かったのか推薦を貰えたAは、
書類選考とたった1回の面接で決まったらしいです。

現在、他にも就活が進んでいる企業があったらしいのですが、
それらは明日、全て辞退する事になるらしい・・・

つまり、Aの就活は終わりました。

内定いただいた企業での仕事は接客業であり、
Aにはおよそ不似合いだとしか思えません。
しかも、その企業・・・つまり店ですが、は、
テンション高めな店のような印象があります。

自分で決めた事ですから、こっちはもう何も言いません。

一応「おめでとう」と言いましたが、今、私の胸の中は
希望や喜びよりも不安の方が大きいです。

先週の事件が無ければ、もっと心から喜べたはずでした。

しかし、Aの中は今だに泥棒根性でいっぱいだと知ってしまった今・・・

そんな人間が「商品や金」がいっぱいある場所で
働くようになったらどうなるのか。

何せAは昨年、アルバイト先のレジから金を抜いた男です。
そして、万引きで捕まった男です。


私が働いている店でも、不正でクビになる社員を
今までたくさん見て来ました。
事務所で自分の上司の親が謝っている光景も見ています。

どんな年齢や立場になろうと、やるヤツはやるのです。


就職するに当たって、私たちはAの身元保証人として
印鑑を押さなくてはならないでしょう。
もしも、保証人を他にも立てなくてはならない場合は
私の弟にも頼まなくてはならないでしょう。


この子の保証人になる・・・

私の心は、今、その重さをズッシリと感じています。



                      



posted by わかば at 18:44| Comment(0) | 日々つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月02日

夢を見た

ソファでうたた寝して、夢を見た。


Aが、何かボーイスカウトのような物に入会すると言って
嬉しそうに私に書類を差し出した。
それはパソコンからプリントアウトした入会書のようだったが、
登録したメールアドレスは私の物だった。

私はアドレスを自分の物に変えて登録しなおすように言って、
Aに入会書を返した。

Aの顔がみるみる曇った。
そして、その場で書類をビリビリ破き始めた。
私を喜ばせようとしてその入会書を持ってきた事は明白だ。
なのに私は喜ばずAを注意した。
「Aを傷つけたな」
と私は思った。

私は破いている書類をAから取り上げて、しわを丁寧に伸ばした。
そして、それをAに返して言った。
「どうしてもここに入りたいの?」
「うん」
私の聞き方は、だんだんと幼児に語るように優しくなっていった。
「今から入りに行くの?」
「うん」

Aの太い声もだんだんと幼児のように高く甘くなっていった。

私はAの手を取った。
その手は私の手よりも遙かに小さく、そして可愛く柔らかかった。

Aの手を引いて私は駅までの道を歩き、そして途中で手を離し、
ここから先は1人で行くようにと優しく背中を押した。



目が覚めて
少し驚いた。

この夢は私とAの親子関係の足らなかった所を
そのまんま語っていた。

あんな風にAに優しく語りかけていたら。
Aのやりたい事に口出しせずにただ見守っていてあげたら。

きっとAはこんな風に育たなかっただろう。

繋いだ小さな手の感触がやけにリアルで、
あの頃に戻れない虚しさに涙が出た。



                        

※過去の事件の回想は過去の日付で更新しています。
過去の日付の方もご覧下さい。


ラベル: 子育て
posted by わかば at 02:13| Comment(0) | 日々つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
※基本、いただいたコメントは公開いたしません。管理人のみ閲覧させていただきます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。